きれいに手入れされている古いタイプのセルシオ

先日、いつものように車で職場へ向かう途中で、私の前を一台のセルシオが走っていました。
セルシオといっても、レクサスとして販売されたようなモデル末期のものではなくて、かなり古いタイプのものです。
おそらく販売されてから20年以上が経つようなものではないかと思われる車でした。
後から見えた感じからすると、おそらく車を運転していたのは品の良いおじいさんなのか、年配の方であるのは間違えなさそうです。
しかし、おじいさんと同じように、セルシオは傷一つなくピカピカで、よく手入れされているなというのが一目でわかるきれいさでした。
これほど昔のタイプの車が、こんなに状態が良いままで現役で走っているというのは、本当に珍しいことではないでしょうか。
セルシオは、クラウンを越えるトヨタの高級車だったのですが、きっとずっと大切にしてきんだろうなという感じがしました。
中古車市場が成長して、また古いボディーに愛着を持つ人も増えているので、ちょっと前のクラウンなんかは、ときどき見かけたりすることもあります。
しかし、変な風に改造されたりする車を見たりするのですが、このセルシオを見ると、なんだがそういう車がかわいそうに思えてしまいます。キャッシング すぐ