ベープタバコは普通のタバコの代わりになりうるか?

最近、喫煙所などでは無煙タバコを吸っている人を多く見かけるようになった。無煙ではあるけど、ニコチンやタールは含まれているので、受動喫煙防止の観点からも喫煙所でなければ吸ってはいけないことになっているようだ。一方でニコチンやタールが全く含まれていないベープという水蒸気タバコを吸っている人も多い。こちらは煙ではないが、水蒸気が発生するので見た目は煙にも見えるので、同じく喫煙所以外では吸ってはいけないことになっているのだろう。禁煙を目的とするならニコチンやタールが含まれていないベープタバコが適していると思われるが、ニコチン依存体質になっている人には、ベープタバコを吸っても、普通のタバコも吸ってしまうことが多いのだそうです。しかし、ベープタバコを吸っている時間は従来のタバコを同時には吸わないだろうから、禁煙にはならずとも、減煙にはなると思われる。ただし、ペープタバコにはニコチンとタールが含まれていないという点で、いきなり従来のタバコからペープに切り換えることは難しいだろう。やはり、ペープタバコは従来のタバコの代わりにはならないようである。だが、徐々に減煙していって、最終的に禁煙しようとしている人には役立つ面があると思われます。ミュゼ 100円 ネット限定