北朝鮮によるミサイル発射が相次いでいることを受けて、水産庁は操業中の漁船に発射情報を自動的に伝える新しい無線システムを導入する方針を固めた、とある。先日、日本の上空を飛び越えて北海道の東沖合に落下したことに対する対応策のようだ。だが北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本の上空を通り越し日本の領海内に落下するまでには僅か15分〜20分程度の時間しかない。日本海や日本の国土に落下すればその時間はもっと短くなる。今回発射された弾道ミサイルの時間を考えれば15分以内であり、仮に落下地点で操業をしていた漁船があったとしても情報が漁船に伝わるまでには、ほぼ同じ時間を要してしまう。発射情報を漁船に伝える意味が無い事になる。逃げようが無いのだ。過去に発射された弾道ミサイルは数十発もあり、何故今更このような提案が成され、それを導入しようとする水産庁の意図が分からない。一体誰がこのような愚かな提案をするのだろうか?。弾道ミサイルの攻撃から日本の国土と国民を守ろうとするのであれば、発射をさせない事、発射したら即罪に通過位置の把握と撃ち落とせる技術を確立するべきである。

先月から仕事が忙しくなり帰りが夜中になったりする事があったりするので疲れが溜まっていて、休みの日は家でぐったりしている事が多かったりしています。残業が多くなるので帰りが遅くなり、自分の時間がそれなりに削られているのでストレスが溜まったりしております。おまけに睡眠時間も減っていて若干睡眠不足のまま会社に出社している事もあったりするので早くこの忙しさのピークが過ぎて欲しいなと思っています。

今の職場で仕事してかれこれ5年ぐらい経ちますが11月と12月、2月と3月は忙しくなるのである意味ですが修羅場となる事があります。職場内もピリピリしだしていて別の部署ではそこの上司が部下を叱っていて怒号が起きていたりするのでこういった時もしっかりとした雰囲気の職場を維持しようぜと内心思いながら仕事をしている自分がいます。こういった意見は同期の仲間もそう思っているらしくて居酒屋とかに飲みに行くとそういった話をしてくるので同じような意見を持った方もいるんだなと感じています。